2012年1月15日

果実酒(濃いのが好き)

19歳の8月に、梅酒を漬けた。

1年後の誕生日に飲む、タイムカプセル果実酒。
そして出来上がったのは、一人暮らしには多いだろな3瓶。
サークルのみんなで、がんがん飲み、ありがたみもへったくれもなく飲み干した。
R子ちゃんが、中の梅が美味しいんだってばと、めっちゃ食べてた。
梅酒の梅は食べれるってことを知ったのも、このときだったわ。

それから、梅酒漬ける習慣。

梅の実の花弁の跡の、黒ずんだ部分を竹串でちょいちょい取る作業が好き。
あの作業を職業にしたいくらい。

いろんな物が漬けるってことを知って、果実酒の本を買って、
いろんなものを漬けては飲んだり、使ったり。
場所を取るっていうことを除けば、手がかからない加工食品。

今現在あるのを、ビンチェック兼ねて晒してみる。


2012011522480000.jpg花梨のお酒。5年もの。
道の駅で買ったごつごつの花梨を切ってつめた。まだ飲んでないです。
のどの風邪ひいたら出番だなーicon:kigou00


2012011522470001.jpgプルーンのお酒。
2006年10月漬けた。
これは頃合いですicon:kao09
瓶のチョイス、失敗したな...あとで密封瓶に入れ替えよう。



2012011522470000.jpg
よく使うにんにくのお酒。真っ黒になるまで漬けたいのだけど、そこまで残されることなく...使い果たしちゃう。
よく、鶏肉漬けるのに使ってます。幅広い。
めっちゃ疲れた日に飲みたい、滋養強壮抜群のお酒。

2012011522460002.jpgしょうがのお酒。
にんにくのお酒と同様、料理でも使えるicon:kigou02
ドリンクするにも、紅茶、炭酸、いろんなものとあうので、
大量に作ってもすぐ無くなるicon:kimochi06
自家製お酒のデビューにはもってこいのしょうが酒。
ショウガ安いし、水分拭き取りやすい、傷が云々チェックしなくてもいい。
だから失敗しにくいのです。オールマイティ。


2012011522460003.jpg間違いなく原価一番高いであろう、バニラ酒。
バニラの枝を入れてあります。
色はあっという間に茶色。
ふた開けると、びっくりするくらいバニラってる。
これ、アイスにかけたら良さそう。
今のところは、ホットミルクに垂らすにとどめてます。
お気に入りのお酒。


2012011522460001.jpgプラムのお酒。
これは一昨年。
あともう少し漬けたいかな?
濁りが少しあるので、濾過せねば。


そうそう、肝心な事を伝えてなかった。
これら全て、氷砂糖、未使用。
甘い味は後からシロップや蜂蜜で足して、
作る段階では素材の味だけ。

じっくり時間が作ってくれる、果実などのお酒。

瓶はニトリだったかな?
青いフタの瓶が一番使いやすく、安価で密封性高いです。

5年前に株分けしてもらったローズマリーが、そろそろ思春期の少年のように
ぼーぼーにはえることが期待できるので、それもお酒にしよう。
そして晩夏には、かぼすが豊作だったら漬けることにしよう。

Twitter

天安門事件
カウンタ
なかのひと